工場・倉庫向けパーテーションの価格について解説

Posted on

このページでは工場・倉庫向けパーテーションの価格についてご紹介します。工場や倉庫にスペースを追加したり、会議室や休憩室、待合室を増設する場合、施工型パーテーションが便利です。ここでは施工型パーテーションのメリットや実際にパーテーションを施工した場合の価格について解説します。

施工型パーテーションのメリット

工場や倉庫にスペースを増設したい場合、どのような方法があるでしょうか?施工型パーテーションは有効な解決方法です。施工型パーテーションは床と天井で固定するため、ローパーテーションに比べ耐震性に優れています。また不燃パーテーションを利用すれば耐火パーテーションを施工することができますし、吸音材をパーテーション内部に導入することで防音性の高いパーテーションを設置することも可能です。

さらに施工型パーテーションのメリットとして再利用が可能な点が挙げられます。壁を増設するのとは違い、パーテーションは簡単に移設ができます。そのため急なレイアウト変更や、その場で対応が必要な場合などに柔軟に対応できます。弊社取り扱いのパーテーションであれば、すでに施工したパーテーションに追加することもできますし、一部のパーテーションをガラスやドアに変更することも可能です。

また痛んだパーテーションを1枚だけ交換したり、一部だけ不燃にしたり、その環境に合わせて柔軟にカスタマイズできる点も魅力です。

施工型パーテーションの価格

例えば工場内に待合室を増設するとします。ここでは単に工場内を横一列のアルミパーテーション4枚と窓付のドア1枚で区切るものとし、パーテーションは壁のように全面パネルで覆うとすると、大阪パーテーションでは23万1000円ほどで施工できます。

しかしこの金額はあくまで概算であるため、実際には現地調査を行ったあと本見積もりを作成いたします。

また同様の内容で不燃パーテーションで施工した場合、26万4000円ほどになります。これは不燃パーテーションの方が若干高価であるためです。

ここから例えば「天井を付けたい」や「ガラスパーテーションに変更したい」、「遮音性をあげたい」と言った追加を行うと、先ほどの金額に変更分が追加されます。大阪パーテーションではお電話口でお見積もりを無料でその場で作成します。ご要望の内容により現地調査を行わないとお見積もりが作成できない場合もありますが、まずはお気軽にお問い合わせください。

終わりに

工場・倉庫にパーテーションを施工するメリットや施工した場合の価格についてご紹介しました。施工型パーテーションは単なる壁ではなく、より柔軟に働く環境を改善するツールでもあります。大阪パーテーションではお電話口で無料で概算見積もりを作成いたします。お気軽にお問い合わせください。